三脚三昧

三脚の伝道師森泰生先生による三脚使い方講座です。実践で使える三脚使い方テクニックを紹介いたします。今まで、店頭でしか読めなかった記事を、三脚三昧.comでご覧頂けるようになりました。店頭では、最新号フリーペーパーを無料で配布しております。是非、店頭にもお越しください!

物撮り
複写または真俯瞰

複写または真俯瞰

体調を崩している家内が、施設で書いた書に賞状をいただいた。日頃気遣ってくれるひとびとに賞状の写真で感謝と報告をしよう。 複写は明るい窓際で、自然光頼りに私は行う。被写体を床に置き、真上から撮る。今回は紙をまったいらに伸ばす目的で、3日間、賞状を絨緞の下に敷いておいた。幸い、紙の表面にテカリがなかった。明るい窓際でも直射日光は曲者だ。たとえば三脚の影が画面を邪魔する。曇り日がよかろう。 三脚は、それ […]
ピントはクランクで

ピントはクランクで

クランクつき三脚が珍しくなった。三脚を軽く仕上げるために、材料には炭素繊維やマグネシウム合金を使う。そこにブラス(真鍮)の歯車や、それを回転させる主軸に鋼、歯を受ける側に肉厚アルミ管を使えば、目方が増える。構造の複雑化がコストアップをまねくなど、消減原因はいくつかあるだろう。  しかし、クランク駆動式エレベーターは捨てがたい。写真はヤマノイモの種子。白いバックの中に茶色の丸、そのなかの色濃いところ […]
『真俯瞰撮影』

『真俯瞰撮影』

真上からものをみおろす角度からの撮影をいう。ひとつは突っかけを撮ってみた。新聞や郵便物をとりに行くときに履く。ゴミを出しにゆくときも、車庫や家の前の道を掃くときにも履く。玄関も通用口も共通だから玄関に脱いである。そこに置くにはちと寂しくなってきた。なにより転んで怪我はしたくない。  新旧入れ替えついでに並べて撮った。旧いのを買った店に、同じブランドのものがあったのは嬉しいではないか。まえは、黒色の […]
『どこでもスタジオに』

『どこでもスタジオに』

レッテルには洒落たものがある。「世界一」を謳うバーボンウィスキージムビーム、七世代の肖像画に目がとまった。レッテルがいいと、味もよかろうと、つい思ってしまう。それで、買ってみた。すると、割引クーポンをくれた。これを出すと、もちろん期限付きだが、一本50円値引きするという。リーピーターにしようというわけで、このあたりの仕掛けも世界有数かもしれない。 どこからビンを眺めたらいちばんきれいにみえるだろう […]