三脚三昧

三脚の伝道師森泰生先生による三脚使い方講座です。実践で使える三脚使い方テクニックを紹介いたします。今まで、店頭でしか読めなかった記事を、三脚三昧.comでご覧頂けるようになりました。店頭では、最新号フリーペーパーを無料で配布しております。是非、店頭にもお越しください!

未分類
その場の光で記念写真

その場の光で記念写真

仲間が体調を崩した。要介護認定を受けて不自由な日々を送っている。自宅治療だが留守番ができない。遠出も無理ならば、我々が出向いて昼飯でも食べながら元気づけようと話がきまった。久しぶりの邂逅に、病人は緊張と安堵をくり返し、家ではみられない表情の変化もあった。友達は有難い。机の上に三脚を置いて撮った駒。   大勢さんの写真は忘年会で奥行きのある画面。手前から奥まで全員にピントを合わせるのはムリである。で […]
橋からの眺め

橋からの眺め

28/200のズームレンズを使うには、ちょっと細身の脚である。なぜ細身を承知で使うのか。まず軽いから。三脚は、気軽に持って出られなければいけない。950g、パン棒のない小型の自由雲台つき。ケースがなくても片手でつかめる。縮めて55cm。  その割に背が高い。145cmの3段。首を少しすくめればファインダーに目が届くから、アイレベルに近い。  脚をしっかりひろげれば、ぐらぐらは減らせる。それに、写真 […]
百匁柿 熟柿

百匁柿 熟柿

 今年はなり年らしい。花つきが悪いと思っていたのに、実が目立つようになると、存外になっている。家内が苗木を買ってきた。富有といって。しかし、なってみると百匁柿だった。甘柿のはずなのに、渋いのがある。気難しい柿である。とり頃がとてもむずかしい。うまく当たると、「甘柿」なのだが、外れることが多く、それは干柿にする。  色づきはじめて橙色が濃くなると、花の跡に同心円状の模様がでる。いかにも甘柿らしくみえ […]
ツマグロヒョウモン:置きピン

ツマグロヒョウモン:置きピン

 今日はゴミの日、ビン・カン・ペットを出してきて気が付いた。ツマグロヒョウモンが羽化している!しめた、絶好のモデルだ。羽化したばかりだろうから、すぐには翔べまい。とはいえ、相手は蝶。いつ逃げられないともかぎらない。急いで静かに三脚を据え、運台にカメラをとりつける。とにかく一枚撮る。それが蛹の脱け殻が写っている駒である。撮影するカメラとツマグロを一緒に納める余裕はない。翔んでしまったらオジャンだから […]
オニグモ(その2)

オニグモ(その2)

 8月のある朝、新聞をとりにでて驚いた。巣になにかかかっている。鳥だ。鳥ではないか!クモの巣に鳥がかかっている。動かない。生きているのか?クモはいるのか?いや、カマキリがいる。まず現場写真。トリの命にかかわることだから。すかさず、棒で巣糸をたぐり、トリを掴んだ。生きている。糸でベトベトでもない。大丈夫そうだ。カマキリが鳥の肛門あたりに喰いついている。ここは羽毛がないからだろう。答えるわけもないトリ […]