6月も終わりに近づくころ、芝生の中などに桃紅色の小さな花を、螺旋状に咲かせる。派手ではないが、鮮やかで、わりあい目立つ。人目をひく。きれいだ。しかし、三脚の写真でわかるように、株そのものが小さい。花茎は細長い。写真画面の中で花が占める面積は狭いのだ。目をひくように花に近寄って撮りたい。花を浮きたたせるため、カメラをできるだけ低い位置に構えたい。それで花を空に抜く。つまりバックを空にして単純化する。空の様子でそのときの天候もわかろうというものだ。草の緑の中に花をきわだたせるのもいい。

探せば2本3本まとまっている下部もみつかろう。花の巻き方は、反時計回りが多勢ながら、時計回りもある。きれいに巻かずだらしないもの、色鮮やかと思えば。存在感薄いものもあって面白い。

ところで、近寄って撮るとなると震度が浅くなるので、小絞りにしたい。花茎とカメラを平行に据えたい。画面下部の花、中央、そして丈夫の花々全部にピントを合わせるには、そういうカメラ位置設定が大事。構図の決定と維持である。また小絞りにすれば、スローシャッターになる。おまけに花茎は風にゆらぐ。こういう撮影に三脚は欠かせない。

それで、エレベーターを上下逆に取り付けて、地面スレスレまでカメラを下げた。腹ばい撮影。開脚角度を中位にし、写真機から脚を離し、ファインダーをのぞきやすく、カメラレンズ操作もしやすくしている。クランクなしで、エレベーターを回転させられる脚だから、低さとともにレンズの向きも同時に調整できて、これは便利だ。

撮影場所は、市が管理する河川敷公園である。もう一度撮ろうと、翌日また訪れたら、なんと芝草はすっかりきれいに機会で刈り取られてしまっていた。みつけたときに撮りなさいという教訓か。

ポイント


エレベーターを上下逆に取り付けて、地面スレスレまでカメラを下げた。腹ばい撮影。


6-1 6-2 6-3 6-4 6-5 6-6